【本】数値で管理すべきは結果よりプロセスである 要約と感想 おすすめ度 ★★★★☆

「数値で管理すべきは結果よりプロセスである」の要約

・計画達成にこだわるより、ビジョンを実現するため今必要な行動をしよう!
・売上などの結果目標ではなく、本当に大切なノウハウを数値化して改善しよう!
・ノウハウを改善するために、情報を共有して、フラットに議論しよう!

こんな人におすすめです

・人を会社を、本当に成長したい、させたい人
・むちゃな計画を立てて、挫折してしまう人
・読書の成功体験を得たい人

要点1:計画達成にこだわるな!

世の中、計画を立てて、それ通り実行する事が正しい!と思われるけど、
そうじゃない!
本当に大切なのは、計画通り実行することではなく、目的を達成すること!

例えば、「楽しい旅行をしたい!」と計画を立てて、
旅先で計画にはない、すごく面白そうなイベントを見つけたら、
可能な限りイベントに参加した方がいいよね?

ビジネスでも、私生活でも、本当の目的は何かをきちんと意識して、
計画を変更していこう!

要点2:ノウハウを数値化せよ!

僕らは、売上や収入などの結果の数値は良く意識して、改善したいと思う。
でも、売上は為替などの外部環境に左右されるし、収入は会社やクライアントの業績に左右される。
長期的に成功するには、本質的なノウハウを数値化して改善する必要がある。

たとえば、TOEICの勉強をしてるなら、
TOEICの点数は結果だ。もちろん大切だけど、その時の体調や運に左右される。
たとえば、習熟した単語の数や、平均的な読むスピード、聞くスピード等、
普段から測れるノウハウを数値化して、改善しよう。
そうすれば、TOEICの点数はもちろん、本質的な英語力もどんどん改善されるはずだ。

要点3:ノウハウを改善するには?

大切なことは4つある

1つ目、必要なノウハウを絞ることだ。
何でもできる人や会社を目指すと、何もできなくなりがちだ。
自分の強みがお何にするのかを、きちんと決めて、
必要なノウハウを絞ろう。

2つ目、ノウハウに関する数値を共有することだ。
特に会社の場合は、全員に共有することが大切だ。
改善すべき指標が分かって初めて、
人は工夫をし始める。

3つ目、フラットに議論し、実行する。
今までのやり方を変えるのは大変だ。
特に会社だと、面倒くさい。
上司が立てた計画にも、平気で異議を唱えられるような
柔軟な組織が必要だ。

最後に、適切なスピードで改善する。
無理してスピードを上げると、うまく行かない。
決断できずに始まらないのはダメだが、
適切なスピードを見極めよう。

「数値で管理すべきは結果よりプロセスである」の感想

まず、最初に思ったのが、うっすい!驚きの薄さ。薄い本もびっくりの薄さで、
メモを取りながらゆっくり読んだのに、20分ほどで読了してしまった。
本を読み慣れてないけど、1日に1冊読みたい!みたいな目標を持ってる人には、
非常にオススメしたい!

ネタバレになるので、記事では書いていないけど、
星野リゾートの具体例があるので、面白い。

僕も社長なので、来年は売上を2倍にする!
とかの計画を立てがちだが、
「楽しく学ぶ」というビジョンを実現できるよう、
きちんとノウハウを数値化して、
より楽しい、より学べるアプリを作って行こう!と思いました!

書籍のリンクはこちら

Twitter
@Gong_nyaa
個人用(ブロガーさん、アプリ開発者、読書好きの方とつながりたいです!)
記事ツイート等にリプライなどで一言頂けますと、フォローバック致します!
読書のまとめや、ブログノウハウ情報のまとめを発信します。

@English_Story
会社用(英語好きの方、英語関連事業者さんと繋がりたいです!)
英語学習ゲーム、英語物語に関する情報や、英語学習に役立つ情報を発信します。